【行動調査(技術編)|素行調査の方法】

尾行・張り込み・隠し撮り

ここでは素行調査の中心をなす行動調査の技術について説明します。

 

行動調査とは、対象を尾行して隠し撮りしながら、行動を記録していくことです。

 

素行調査におすすめの探偵社

 

尾行

尾行は探偵技術の中核をなすものです。

 

長時間、発覚(バレる)も失尾(見失う)もせずに尾行を続けるのは非常に難しく、これを可能にするために、探偵は様々なテクニックを使い、修練を積みます。

 

尾行の種類

大きくは、徒歩尾行と車両尾行に分けられます。

 

徒歩尾行は、電車やバスなどの公共交通機関と徒歩で移動する相手を尾行するもの。

 

車両尾行は車で移動する相手を追うものです。

 

実際には徒歩尾行と車両尾行は相互に移行しえます。

 

例えば、車を駐車場に入れて徒歩や電車で移動する場合もあれば、徒歩で移動していた対象がタクシーや迎えの車に乗ったりする可能性があるわけです。

 

また、これ以外に自転車で移動する場合もあります。

 

では、なぜ徒歩尾行と車両尾行という区別が大事かというと、まず尾行技術も訓練も全く違うからです。

 

根本原理は同じなのですが、徒歩でやるか車を運転してやるかでは全く異なります。

 

また、徒歩尾行と車両尾行のどちらがメインになるかで、用意する車の台数も変わります。

 

チーム尾行

尾行のテクニックは、このページにはとうてい収まらない奥が深いものですが、ひとつ最も重要なものを取り上げるとしたら、それはチーム尾行です。

 

プロの尾行は2人以上のチームを組んで行います。

 

対象に近い距離で尾行する役割を頻繁に交代することで、気づかれにくくするのが第一の狙いです。

 

交代があることでトイレにも行けますし、集中力も維持できます。

 

他方のメンバーは離れた位置から観察してフォローしたり、先回りして交代に備えたりします。

 

チーム尾行の原理は車両尾行の場合も同じですが、技術的にはとても難しいものになります。

 

運転と尾行をしながら、その中で無線連絡やチームワークをこなすのは至難の業です。

 

多くの同時作業にバランスよく注意を配らないと、失尾したり、事故を起こしたり、パトカーに止められたりします。

 

しかし、車で単独尾行して真後ろに着ければ、ルームミラーですぐにバレます。

 

といって距離を取れば、信号、渋滞、道路工事などで阻まれて、徒歩の場合以上に失尾しやすい。

 

車両尾行にもまたチーム尾行は不可欠なのです。

 

尾行が特に難しい状況

尾行は難しいものですが、それがさらに特別に困難になる場合があります。

 

第一が交通量が非常に多い場合です。

 

徒歩尾行ならラッシュアワーや祭りの人混み、車両尾行なら渋滞の時などは見失いやすいです。

 

第二はその逆で、交通量が非常に少ない場合。

 

徒歩尾行なら深夜の郊外や積雪期の田舎町、車両尾行なら山の中の一本道など。

 

発覚の危険が非常に高くなります。

 

第三は、実はこれが一番危険なのですが、相手が警戒している場合です。

 

警戒している相手を追うのは極めて難しく、チームの交代要員も増やして臨む必要があります。

 

張り込み

尾行の開始時に対象が現われるのを待ったり、ホテルや家屋に入られた時に出てくるのを隠れて待つのが張り込みです。

 

張り込みは出てきた相手に見つかってはいけないのはもちろんですが、ほかにも重要な注意点があります。

 

昨今は不審者として住民に通報されるケースがとても多く、特に住宅地は要注意です。

 

また、田舎はよそ者や地域外ナンバーの車に敏感です。

 

狭い路地や物陰になるものが何もない場所は、張り込みがとても目立つので一工夫必要です。

 

隠し撮り

撮影には望遠レンズつきの一眼レフから、腕時計やメガネに仕込んだ隠しカメラまで、いろいろな機材が使われます。

 

一眼レフなどの普通のカメラでは相手に感づかれたり、関係のない人に不審者として通報されたりしないように注意することが必要です。

 

隠しカメラの場合は、まず画角合わせが最初の関門です。

 

普通のカメラのようにファインダーや液晶画面で確認できないので、後で見ると撮りたいものが全然写っていなかったということが起きがちです。

 

しかし、モタモタと画角合わせをやり直していると動きが怪しくなり、バレます。

 

一発で画角を合わせて、堂々と平然と過ごした上で、写真もきっちり撮れていないといけないのです。

 

探偵にはスキルと度胸が必要なことがわかってもらえると思います。

 

どのタイプのカメラを使う場合も、撮影環境は夜間、雨など悪い場合がままあります。

 

そんな中でピントの合った鮮明な写真を撮ってこないといけないので、隠し撮りもまた奥の深い、難しい技術なのです。

 

素行調査におすすめの探偵社